子どもの救急 北河内夜間救急センター(小児科)小児科夜間救急診察

救急センターについて

北河内夜間救急センターについて

地図

北河内夜間救急センター

北河内夜間救急センターは、昭和55年に守口市、枚方市、寝屋川市、大東市、門真市、四條畷市、交野市の北河内7市により、「北河内夜間救急センター協議会」を設置し、軽症患者を診療する診療所として、寝屋川市で運営を開始し、北河内の小児患者の安心・安全に大きく寄与してきました。

しかし、昨今の全国的な医師不足により医師は疲弊し、さらに退職が進むなど事態は深刻化し、北河内夜間救急センターにおいても、小児科医の確保が困難な状況となってきました。

このため、小児救急医療体制が引き続き維持できるよう、北河内の医師会や医師の派遣元である大学、そして、7市で協議した結果、寝屋川市にある北河内夜間救急センターを市立ひらかた病院に隣接する枚方市保健センター内へ移設し、診療時間を朝まで延長することとし、市立ひらかた病院においては、本来の2次医療機関として重症患者の診療に特化するなど、医療機能を役割分担し、限られた小児科医師が効率的に診療できるよう、医療資源の集約化を図ることとなりました。

このことにより、平成22年11月から、枚方市において、新たな北河内夜間救急センターでの診療がスタートしました。

 

概要


開設者 枚方市 市長 伏見 隆
管理医師 枚方市医師会 会長 藤本 良知
運営 北河内夜間救急センター協議会
(守口市、枚方市、寝屋川市、大東市、門真市、四條畷市、交野市で構成)
協力団体 ・河北医師会連合(守口市医師会、枚方市医師会、寝屋川市医師会、大東・四條畷市医師会、門真市医師会、交野市医師会)
・守口市薬剤師会
・枚方市薬剤師会
・寝屋川市薬剤師会
・門真市薬剤師会
・大阪府薬剤師会北河内支部
協力大学  大阪医科大学、関西医科大学
出務体制
 





 大阪医科大学
  

 
 
 関西医科大学 
  
  
 河北医師会連合      
 登録医
      
検査項目  ・血液検査
 ・尿検査